森の住人

シルバニアがすきです。

ブラウニーさんの手紙

拝啓
お元気でいらっしゃいますか?
春がやってきました。日々変わりゆく中で、まだ変わらずに思い出す日々が続いています。
 

私は最近やっと居場所をみつけました。居場所が在るということは大切なことだと身を以って知りました。あなたは今どうしているのでしょう。
そんな事考えてもどうにもならない事もふと思ってしまいます。
 

また季節が巡って、また同じような夏がきて、秋がきて、冬がきて。いつお会い出来ますか?
季節が巡ろうとも一緒に居なければ、まるでこの季節も過ごしたように感じていません。
 

封をした気持ちも開けずとも、ホロホロと零れ落ちてきます。いつの間にかそんな事にも慣れてしまいました。
 

桜も咲き始め、この美しい光景に相変わらずに優しく微笑んでいるのでしょう。
そんな事をまたしても思い出してしまうのです。
 

毎日何かが変わってゆくのならば、この気持ちも薄れて薄れて思い出さない様に変わってくれたらいいのに。
 

きっとどこかで美化している事も少し知っています。なので、とても素晴らしいと大きな声で言うこともありません。
ただ静かに、誰にも伝える事もせず、ただ静かに、この気持ちを見守っています。
 
 

春がやってきました。
 
あなたには幸せな日々でありますように、
私には記憶が薄れますように、
共々幸せな春でありますように。
 
敬具

 

にほんブログ村 コレクションブログ シルバニアファミリーへ