森の住人

シルバニアがすきです。

シュガー君の日記 〜Fixed〜

f:id:meisysmei:20201013162457j:plain

くま君が屋上に行くのを目撃しました。

その後を追うように、ブラウニーさんも屋上に行くのが見えました。

屋上なんて高くて行きたくなかったけれど、2人も屋上へ行ったので

何かあるのかな? ハチミツでも隠しているのかな? 

と、恐る恐るハシゴを登ることにしました。

 

 

f:id:meisysmei:20201013162501j:plain

屋上では、くま君とブラウニーさんは並んで風景を眺めていました。

期待したハチミツはありませんでしたが、意外と高いところも平気だな!と嬉しくて

2人とも眺めている風景を一緒に眺めることにしました。

高所恐怖症を克服した儀式みたいなものです。

 

 

 

 

f:id:meisysmei:20201013162453j:plain

しばらく眺めていましたが、UFOも、青い鳥も訪れる事はなく、

何ともない風景がただあるだけでした。

 

UFOが出てくればラッキーなのか?

青い鳥が飛んできたら幸せになれるのか?

ただ何もないこの現状では"だめ"なのか

 

風でわずかに動く木の葉っぱと、動きも固定されているように流れて動く自動車の

何とも変わらない風景を眺めながら、そんなことを思いました。

 

 

 

f:id:meisysmei:20201013162625j:plain

止まっているように見えた太陽もいつの間にか山へと帰っていき、僕たちも合わせて帰ることになりました。

 

そういえば今日は、昨日よりも風が冷たくて心地良かったなと思いました。

 昨日よりも冷たく、明日はもっと冷たく、その次はもっともっと…

 

 日々は変わらないようで変わっていて、むしろ変わらないものの方が少ないのかもしれない。

 

 

 

f:id:meisysmei:20201013162948j:plain

 今日は高いところが克服できた。そんな記念すべき日になったのかもしれない。

と、誇らしくハシゴを降りました。

 

明日はどんな日になるのだろう。何もないかもしれない。

それでも、毎日が記念日になるような、そんな日が少しづつ積み重ねていけたら・・・

 

あ、明日は暖炉のお掃除がありました。