森の住人

シルバニアがすきです。

シュガー君の日記 ~お砂糖にのせて~

 

f:id:meisysmei:20210226125129j:plain

僕はあなたの使う言葉が好きです。

ありきたりな言葉なのかもしれない。

けれど、あなたが使うと優しく特別な暖かみを持つような、そんな気がして好きなんです。

 

 

f:id:meisysmei:20210226125051j:plain

今日、素敵なお花を摘みました。

なんて可愛いんだろうと思いながらあなたのことを思い浮かべました。

「素敵だね。」と見せたいなと思ったんです。

 

 

 

f:id:meisysmei:20210226125047j:plain

実際には見せることは出来ないけれど。

それでも心の中で僕はあなたに話しかけている。

きっと次に会うことができるのは、お花も枯れてしまった頃だろう。

 

 

f:id:meisysmei:20210226125116j:plain

僕はあなたのようになりたいと憧れている。

あなたに辿り着きたいと思っている。

 

本当は嘘だとしても辿り着きたいと切望している。

 

 

 

f:id:meisysmei:20210226125124j:plain

あなたに会えたら

「最近ね、綺麗なお花を摘んだよ。」と話そうか。

いや、そんな事よりもあなたの話を聞いていたいな。

 

 

 

 

f:id:meisysmei:20210226125106j:plain

だからあなたに会うと無言になってしまう。

嫌いじゃないんだよ。

でも少しは話さなくっちゃね。

 

「 I adore you.」